「っ……や……めてください」


また、温かいものが溢れ出しそうになり、ぼやけていく視界

私は無意識のうちに、下唇を噛む力を更に強めた。



「こら、噛んだらダメ。傷ついちゃう」


すると、私自身の唇を強く噛む歯に気づいたのか、平岡さんはそう言って優しく笑った。


「……っ……う」


その笑顔に何故か私は涙を止められなくなって、頬に大粒の涙を伝わせた



その後、私はしばらく平岡さんの目の前で泣き続け、平岡さんはただ黙って私の頭を撫でていた。



「あ、の……平岡さん……会議は…」



泣いて、泣いて、泣き疲れて。少し落ち着いた頃、私はやっと一番重要な事を聞くことができた。


その私の問いに平岡さんは、一瞬キョトンとした後で笑った。


「あー、会議?無事成功したよ」


まあ、俺天才だからね。なんて冗談交じりなひとことまで付け足される。


私は、平岡さんのこういう軽くて、冗談ばかり言うところが苦手で、嫌いだ。



でも

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。