「胡桃ちゃん」

「……………へ……」



シャツの袖で流れ落ちる涙を拭い、ひたすら今後のことを考えていた私に背後から声がかかる。



「……ひ……らおかさん……」



慌てて後ろを振り返ると、そこにはいつもの笑顔で立っている平岡さんがいて

私は泣いているのがバレないようにと急いで顔を前へと向け、俯かせた。





「胡桃ちゃん、泣いてる?」


どうやら平岡さんには既にバレてしまっていた……らしい。



「泣いてなんか……ないです」


私はまた、さっきよりも強く下唇を噛み、涙を止めようと試みる。


「ならさ、胡桃ちゃん。顔上げて?」

「いっ……嫌です」


いつの間にか目の前から聞こえてくる平岡さんの声に、私はブンブンと首を振った。


だって、絶対に今の顔は見せられない絶対に、泣いているとバレてしまうから。



それなのに


「顔、見せてよ。ね?」


なんて言いつつも私の両頬を包み込むようにして、顔を上げさせた平岡さん

バチリ、と合う視線に私は何故か、また泣きそうになる。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。