「て、手島さん! 断じて違いますから!! プライベートとか、そ、そういう…」


必死に否定する私を見て、噴き出すように笑うと


「いや、冗談冗談」


なんて言って私を馬鹿にした手島さん



「じ、冗談、って……」



ああ、まさか手島さんにまでからかわれるとは……

私は手島さんに裏切られたような気持ちで肩を落とし「もう仕事戻ります」と、自分のデスクへと向かった





「…はあ」





あんな事があったけれど、こうしていられるのは紛れもなくアノ平岡さんのお陰で。



でも


やっぱり、私はあの人の軽いノリは少し苦手である。


ただ、前よりは少し……ほんの少しだけ、信用できる。



私の中で平岡さんは、そんな上司だ。






この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。