今日は、私の…………




「誕生日おめでとう。胡桃ちゃん」




24歳の誕生日だ。





「…何で…知ってるんですか」


私は、誕生日を祝われたという事実に少し照れながらも平岡さんに聞いた



「何でって…履歴書、見たから?」


「あ、ああ……そういうこと、ですか」




そうだ。


私の履歴書を見た平岡さんは私の個人情報を殆ど知っているんだった。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。