私達は帰宅し、食事を済ませたあと、
部屋でくつろいでいた。



「休日はこれで終いか… 。


明日から俺達は学校だ…。」


修也さんがふと呟いた。



……………学校か………








また………悪夢の……………始まり……………。








この作品のキーワード
厨二病  俺様  イケメン  美少女  溺愛  虐待  過去  大富豪  平行世界 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。