お久しぶりです。著者の久瀬空です。


この度は「君と奏でる音」をここまで読んでいただきありがとうございます。

読者の皆様にお知らせいたします。


この作品を読んでいてわかるように
もうグダグダです。

文章構成は崩れ、読者の皆様も飽きてきたのではないかと思います。
ですので、50ページを持ちまして一時的に打ち切りたいと思います。
勝手な判断で申し訳ありません。

今後、また「後編」と言う形で投稿出来たらと思います。((できる可能性は…。はぃ。

本当に申し訳ありません。

今後とも久瀬空をよろしくお願い致します。


この作品のキーワード
音楽  天才  ピアノ  過去  ブルー15