「大丈夫?」





美しく整ったパーツである綺麗な顔が、そっと私の顔を覗き込む。




私は咳き込みながら、何も言わずに頷いた。





「んー、なかなか治らないねぇ」





彼にそう言われると、またゴホゴホと咳き込む。





そうなのだ。彼の言うとおり、今回の風邪はかなりしつこい。




普段なら2日ほどで治る風邪も、今回は4日も長引いている。




咳とくしゃみだけならまだしも熱がなかなか下がらない。





病院には行ったけれど、薬を出されただけで




『疲労が溜まったんでしょう。ただの風邪だ』と言われた。




この頃は、疲労というより不満が溜まっていたので、




医者の言うとおり心当たりがあると言えばある。





現在私は、彼に移さないためマスクを着用し、



布団を何枚もかぶりまさに病人だ。





…まさかこんな形で、仕事三昧の彼と久しぶりに話せるなんて。





この作品のキーワード
甘い  甘々  風邪  仕事  イケメン  同棲  同居  美男子  眼鏡  短編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。