私の発言に、彼は小さく笑った。

そんな彼に合わせるように、私も笑いながら鉛筆を走らせた。

「椎ちゃんは、どこを描くのが1番好きなの?」

「唇」

「わお、エロい」

「何を言ってるのかわからない」

「もっと近くで見なくていいの?」

「……」

そう言って、彼がするりとベッドから降りて、私の隣にピタリと密着した。

私はちょっと緊張しながらも、有難く彼の顔を近くで見させてもらった。


「触った方がわかりやすいって言うよね。芸術家の人って」

「そうだねそういう人もいるねでも私は大丈夫ありがとう」

「日本語久々過ぎて上手く聞き取れなかった」

「都合のいい耳だな……」

「ねえ、この指輪、なに?」


突然、彼の声色が変わって、背筋がぞくりとした。

彼のピアニストよりも長い指が、私の小指をなぞった。


「なにって…ただのピンキーリングだよ…」

「自分で買ったの?」

「そうだよ」

「へえ」

「……なんか、ちょっと、離れて」

「……なんで?」

「なんか今一瞬……」

「オスの匂いがした?」

「………う、うーん……」

「中々勘が鋭いね」