人間なら誰もがわかる心の痛みを、分かってあげられない。こんなに悲しいことはない。

泡となって、消えてしまいたい。

今、本当にそう思っている。

「アキ君は、覚えていないかもしれませんが、あなたは一度私が外部の人間に見つかりそうになった時、私を助けてくれました」

「イズミ、ねえ……泣かないで」

「今度は私があなたを助けたいのに……っ」

ポロっと涙がこぼれて、足に落ちそうになったのを、アキ君が手のひらで受け止めた。

「覚えてるよ、イズミのこと……報道陣が来てたから、心配で海を見張ってたんだ」

「え……?」

彼は、私のことを覚えていてくれた……?

まさかの告白に、私はかなり動揺していた。

「……報道陣がネタにしたがるように、やっぱり元々共存しえないんだ、俺達は」

彼の言葉に、私はずきっと胸が痛んだ。

「でも、共存しえないはずなのに、君と俺は、日常すぎる日常を過ごしてる」

「え……」

「俺と一緒に暮らして、生きづらいことがあった?」

その問いかけに、私はぶんぶんと首を横に振った。

「イズミ、人間だって、人の痛みを百%分かち合うなんてことは不可能なんだよ。……だから、この世から事件だって絶えないんだ」

彼の前髪をかきあげていた私の手を、彼がゆっくりと外すと、ぱさっと髪が彼の瞳に被った。

それから、彼のサラサラとした冷たい手が、初めて私の頬に触れた。

人間の手は、こんなにも優しいものなのか、と、また涙が出そうになった。

「人の繋がりに百%を求めたら、それは絆とは言えないよ。一つのデータになってしまう」

アキ君が細い指で私の涙を拭いながら呟く。

「分かり合えない所があるから、人っていうのは楽しいんじゃない? だって、全てわかってしまったら、さっきのイズミみたいに、痛みを分かち合えなくて泣くなんてこと、できない。相手の事を知ろうともしない」

「アキ君……でも私は」

「イズミの心は人間と一緒じゃないの?」

「心……」

「イズミは、人間だよ。そんなにクッキリと俺との境界線を引かないでよ、寂しいじゃん」

ーーそうか、私は自ら彼との間に壁を作っていたのか。

人魚がこんなこと言ったら笑われるかもだけど、まさに目から鱗であった。

そんなこと、アキ君に出会わなければ気づけなかった。 絶対に。

人間だと言ってもらえたことが嬉しくて、思わず彼に抱きつくと、彼は私の腰まである長い髪を触って、これ染めてるの? と全く空気にそぐわない発言をした。