彼らしくて、私は思わず笑ってしまった。

「アキ君、私、アキ君のお母さんの祖国を愛するために、エチオピアの勉強しますね」

「うわまさかの信じてたー」

「塩入りコーヒーだって、美味しく感じられるようになります!」

「いやいいよならなくてクソマズイし」

「え 」

「あんまり俺に騙されないように」

そう言って、アキ君が私のおでこを軽く叩いた。

そうなのか、騙されないことも学ばなくてはならないのか……まだまだこの世界では知らなくてはならないことが沢山ある。

あなたのことも、あなたが生きているこの世界のことも、あなたが大切に思う人のことも。

「ねぇ気になってたんだけど、俺がもし他の人と結婚したりしたらイズミ泡になるの?」

「どうでしょう、それは正直都市伝説なのか本当なのかわからないのです……」

「え!? 嘘でしょそこハッキリさせといてよ大事でしょ!? 俺超ヒヤヒヤすんじゃん!」

「アキ君が私だけを見ていてくれれば問題無いです!」

「言うねえ……」

もし、泡となってしまっても、私はきっと後悔なんてしないでしょう。

あなたに、心は人間だと言ってもらえたから。

ねえあなたは、その言葉がどんなに嬉しかったか、分からないでしょう?

ねえ、アキ君、私はまだまだ無知だから、教えてくださいね。

あなたのこと、あなたが住んでいる世界のこと、あなたが大切に思う人のこと、

できればあなたと一緒に、知っていきたいのです。




end