そのページが終わったら

視線を上げろよ



何度も心で思う言葉は

一体いつになったら

この口から零れ落ちる?

思うだけじゃ伝わらないなら

いっそ君の生活に溶け込もう



まずは何から行こうか



そしたら、それは、



俺の、名前





*PV数100,000ありがとうございます*
*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

他サイトにて

2014.10.2執筆開始
2014.12.2完結済み

この作品のキーワード
図書室  イケメン  高校生  男目線  告白 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。