「ごめん。俺、他に好きな人が出来たんだ」

高瀬理央二十七歳

広告制作会社事務員

婚約者にフラれたその日

こっそり可愛がっていた野良猫・ヤマトまで誰かに飼われてしまった

同時に二人を失った私はヤケクソでその猫に捨てようとしていた指輪を託す

"この指輪はいらないので捨てて下さい"

短いメッセージを添えて

それなのに…………

"自分で捨てて下さい
それまでは僕が預かっておきますので"

それで終わったつもりだったのに、指輪を見付けた誰かが私にメッセージを送り返してきた

ムカつくほど綺麗な字で、ムカつくほど正論を言ってくる謎の男

黒猫を通した奇妙な手紙のやり取りの中で、だんだん私の気持ちに変化が訪れる

ねぇ、貴方は一体誰なの?



この作品のキーワード
ラブコメ  黒猫  文通  OL  失恋  正体不明 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。