翌朝
目を覚ました。

隣りを見たら一緒に眠ったはずの
課長の姿は、無かった。

「……どこに行ったのかしら?」
眠い目を擦りながら起き上がろうとした。

だが、鈍い痛みに顔が引きつる。
(そうだった……私、課長と)

自分の状態を再確認する。
昨晩私は、課長と愛し合ったのだ!

初めてでスムーズとは、言えなかったが
ちゃんとお互いに想いが通じ合えた。
課長も同じ気持ちでいてくれたと思う。

痛みに耐えながら脱ぎ散らかした服を探し着る。
そして、寝室から出てリビングの方に行く。

課長……どこに居るのかしら?

だがリビングにも居ない。
痛いのを我慢して、あちらこちらを探しても
見えなかった。

外に出て行ったのだろうか?
疑問に思いつつシャワーを浴びたくなったので
勝手に借りる事にした。

しかし、
シャワー浴び終わっても帰って来る気配が無い。
仕方がないので、また勝手ながら
キッチンを借り朝食の準備をする。

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い