えっ!?

「課長…じゃあ、この噂真実なんですか!!?」
驚きのあまり詰め寄る。

「松井…落ち着け。
半分本当だが、半分違う。まったく…どうしてお前らは、話を途中で作り替えるんだ?」
呆れた表情で言う課長。

半分本当で…半分違う?
どう言う意味か分からない。

「ちゃんと私にも分かるように説明して下さい!?」
こんなに課長の前でムキになったのは、初めての事だ。

課長は、咳払いをすると少し言いにくそうに説明をしてくれた。

「実は、今年の夏頃からそう言う話は、来てたんだ。
言っておくが、飛ばされるんじゃないぞ?海外…アメリカの会社から部長としての就任命令だ」

「えっ…?」
混乱する頭を必死に整理させる。

つまり課長は、アメリカの会社に呼ばれたと言うこと…?
部長として出世して

「決断を早くしろと言われていたのだが…まだあの時は、迷っててな。
部長になれるのは、大変名誉な事だし…ありがたいのだが…」

「あの時は、まだお前とお見合いとかして無かったし…どうしても踏みとどまってしまって」
恥ずかしそうに話す課長。

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い