そして私達は、別れた。

別れたいと言っても会社に行けば、
変わらず上司と部下の関係。

普通に顔を合わせると必要なら会話だってする。

「課長。書類が出来ました。
確認をお願いします」

「あぁ、後で確認するから
そこに置いておいてくれ」
そう電話をしながら言う課長。

「……はい。」
私は、デスクに書類を置くと自分の席に戻った。

いつもと変わらない課長の姿だ。
だが、その姿を見られるのは……あと少しだけ。

海外の部長になる話を引き受けたと
別の人から聞いた。
これで良かったのだ!

これで課長は、前に進める。
部長として新たなスタートが切れると言うものだ。

「ねぇ、あんた本当に後悔してないの?別れて」

仕事帰り久しぶりに美奈子と食事をした。

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い