だけど…そう想われるのが、嫌だと感じ無かった。

それより、ドキドキ鳴っている心臓がうるさい。

「もちろん勘違いだと分かっているが…あまり男性を刺激しない方がいい。
思わないトラブルになったりするから」

「君は、少し警戒心を持った方がいい」
ちょっと説教気味に話す課長。

「……はい。
すみませんでした」
謝るが今度は、ズキッと心が痛む。

怒らしてしまっただろうか?
勘違いさせられたって…

しゅんと落ち込む私を見て
「あ、すまない。
またいつもの癖で説教をしてしまった。
別に君を叱りたい訳じゃないんだ…」

「…はい。
大丈夫です…すみません」

何だか空気が重くなってしまった。
これじゃあ、会社と居る時と変わらない。

そうしたら店の店長が
「おいおい、櫻井さん。あまり女性に説教したら嫌われちゃうぞ?」
そう言って入ってきた。

「べ、別にそう言う訳じゃあ…」

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い