「そう言う所を見て純粋だなぁ~と思って
君に興味を持ったんだ!」
そう話す彼に心臓が高鳴ってしまう。

まさか、男性にそんな風に見てもらえると思って無かったから余計

私に取ったら恥ずかしい事ばかりだ。
怒ったのだって課長を悪く言われて嫌だった訳で純粋とかじゃない。

「八神さん…誤解をしています。
私は、自分が原因だから認めた訳で…ただの自業自得なだけです」
褒められるような事は、何もしてない。

だが彼は、クスッと微笑むと
「だからいいんだよ…今時の子なら言い訳や逆ギレのオンパレードだよ?」

「自分の非を素直に認められるなんて凄いよ!
今の君のようにね」

その言葉に心臓がまた高鳴る。
そんな風に思ってくれてると思うと悪い気がしなかった。

「…ありがとう…ございます」
頬を染めお礼を言う亜季。

「フフッ…照れてる。まぁ、気になるのは…それだけじゃないんだけどね?」

「…えっ?」
顔を上げると八神さんは、私の手を添える。

「泣き顔が魅力的だなぁ~と思って」
ニコッと微笑む彼。

この作品のキーワード
課長  OL  上司  無愛想  切ない  オフィスラブ  純愛  不器用  大人  お見合い