彼と巡り合えたことは、運命。

また、彼と別れたことも運命。



そして、


最愛と呼べるあなたに出会えたことは…


重なる運命からできた


“必然”

だったのかもしれないわ。


この作品のキーワード
最愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。