***第6章***



寒いーー

明け方、強烈な寒気で目が覚めた。

なんだか身体の節々がミシミシ痛む。

ぼんやりした頭で考えた結果、私は戸棚の奥底にしまってあった体温計を引っ張り出す。

38.3度。


風邪気味ではあったのだが、睡眠不足と疲れが加わって更に悪化したようだ。

元はと言えば、一昨日の真夜中にランニングなんてしたせいだ。

何であんなことしちゃったんだろう。

私は心底後悔した。

この作品のキーワード
上司  地味OL  純愛  オフィスラブ  王子様  片思い  アラサー  真面目  奥手 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。