***第9章***



「スケジュール、遅れてきましたね」

沈痛な面持ちの私に

「……そうですねえ」

大城さんはコーヒー片手にのんびり頷いた。


このところ、クライアントとの打ち合わせの帰り道に、カフェに入って作戦会議をするのが恒例化してしまった。

大城さんいわく、一仕事終えたあとのコーヒーは格別らしい。

自社の近くでは周りの目もあり心ゆくまで羽を伸ばせない。

そんな理由で、私たちはクライアント先の最寄り駅にあるカフェを選んで足を運んだ。

最近お気に入りのこの店は、コーヒーの味が絶妙に彼好みらしい。

この作品のキーワード
上司  地味OL  純愛  オフィスラブ  王子様  片思い  アラサー  真面目  奥手 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。