***第2章***



翌朝。

眠い目を擦り、人混みに押され、駅から会社まで5分程の道のりを歩く。


寝不足だ。


原因は決まっている。

昨日のことが頭をよぎる。


あれから、帰りのタクシーの中でも気が気じゃなかった。

いつもよりずっと近い距離感、触れ合う肩と肩を異常に意識してしまう。

仕事でタクシーに乗るときは、どんなに隣の人との距離が近くても気にしないのに。

頭を撫でられただけでこんなに動揺してしまうとは。


ああー、失態だ。

この作品のキーワード
上司  地味OL  純愛  オフィスラブ  王子様  片思い  アラサー  真面目  奥手 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。