ひたすら仕事に明け暮れて6年。

社会人歴がそのまま彼氏いない歴になってしまっている私は、もはや男性との付き合い方すら忘れてしまった。



黒いパンツスーツに黒いパンプス。


『その地味な服装もいいかげんにして、少しは男性を意識したカッコしなさいよ』


そりゃあ、可愛らしいカッコの似合う女の子ならそうするだろうけど。


『……私にはこれが合ってるの』

恥ずかしくって、可愛くなんてなれないから、悔し紛れに言ってみます。


真面目で融通の効かない私は、ただ一直線に仕事を頑張るのみ。

でもときどき不安になる。私は間違っているのかな……?



そんな地味な私の前に現れた一人の男性。


上司である彼は

『だいじょうぶ。君はよく頑張っているよ』

そう言って悩める私を励まし導いてくれる。


『君のことが気になっていたんだ』


いつも余裕の笑みを携えながら私を振り回す彼の意図とは……?




公開日:2015.03.23
完結日:2015.04.17
番外編更新:2015.05.28

2015.08.05 本編全般メンテナンスしました。

この作品のキーワード
上司  地味OL  純愛  オフィスラブ  王子様  片思い  アラサー  真面目  奥手 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。