「二度と目覚めることはないでしょう」




僕の目の前は一瞬にして闇になった



先が見えない

深い深い闇



君がもう目覚めない...?



そんなことあるはずない...




そう信じていても


現実とは残酷だ...





この作品のキーワード
植物状態  脳死  事故  純愛