離れたくない。離したくない。



そんな声を押し込めて、名残惜しくも唇を離す。


挟み込んだままの彼女の顔は案の定真っ赤。



ずっと、見ていたくなる。


湧き出てくるこの感情は、一体なんだ…?



ぷっ、と笑ってみせると、更に恥ずかしそうに目を白黒させた。




「み、はしくん……」


「別に今更、名前で呼んでも構わないけど。
あくまであんたが呼びたいなら、だけど」


「…!っ、きょ、恭平くぅ〜ん!
うわぁああぁん!!」




以前の僕ならかなり不愉快極まりなかった、人の声。


今はどうだろう。


彼女の、堰を切ったような泣き声が耳から入り込んで脳を刺激する。


それさえ心地よかった。




「帰ろう」


「…うんっ」



開いたまま落ちた傘を拾い上げ、彼女に手を差し出せば、満面の笑みで頷いた。



ああ、聴いていたい。


これからもずっと、彼女の声を。