「玲ー、玲ー。 どうして目を逸らすの?」

彼女は不思議そうに頭をかしげる。
その可愛い仕草に、俺の心臓は爆発寸前。
精一杯それを顔に出さずに叫ぶ。

「黙れ、お前が居ると胸くそ悪いんだよ! どっかいけ!!」

──これから始まるのは素直になれない俺と、素直すぎる彼女の物語である。


*****


こんにちは、はじめまして。
作者のりすぺくと。です。

野いちごはまったくの初心者ですが、頑張って少し切ないラブ・コメディを書いていきたいと思います。
簡単に言うと超ド級のツンデレ野郎とニコニコ顔の女の子の話です。

それでは、宜しくお願い致しますっ!

この作品のキーワード
ツンデレ  りすぺくと。  ラブコメ  幼馴染