「凛~!起きなさ~い今日から学校でしょ!」





 ママが下からあたしを呼んでいるみたい。


 まだ重い瞼を無理やり開き、時計を見ると7時半。





 「キャー!寝坊!」





 もっと早くに起こしてくれればいいのに、とママを恨む。


 あたしは急ぎながらも久々に腕を通した制服に感動し、シャツの襟を直しながら階段を降りる。





 「行ってきます、ママ!」




 「凛、朝ご飯は!?」




 「いらない時間ない!」