紫「忘れ物はない?」

(母親:黒薔薇紫央)

玲「うん、大丈夫。」

新「玲、男には気を付けろ」

(父親:黒薔薇新一)

玲「分かってるよ。」

ギュゥ…

玲「母さん苦しいよ遅刻しちゃう」

紫「分かってるわ。
けれど、消えてしまいそうで怖いの」

玲「母さん
僕は消えたりしないよ?
その証拠にいつもちゃんと帰って来るでしょ?」

紫「そうね。」

新「玲」

chu……

玲「ンンッ……」

新「行ってこい。」

玲「行ってきます。」

ガチャッ…
キィィィ…

バタンッ…


ふぅ。。。
相変わらず疲れてしまう
どうしてこんな体質で生まれて
しまったんだろ。。
あ、僕は黒薔薇玲
自分の年齢なんて分かんない。
生まれてから高校に行くまでの間
外の世界から出た事なんてないんだもの
皆から見たら僕と母親父親との
関係はちゃんとした親子関係じゃないのかも
知れない普通なら父親とkissなんてしないし
母親とキスマークなんて付けあわない
けど、そうでもしないと
あの人たちは死んでしまう気が滅入ってしまう。



___第三者___



だから



だから



僕は嘘でも笑うんだ



笑顔を見せないとダメなんだ



ほら



笑いなよ、、笑ってしまえよ。。