「はぁぁぁ…」


絨毯の上を今度は右向きに体を変えた。
さっきから5分おきぐらいで向きを変えている気がする。
…寝れない。
全く寝れない…


壁掛け時計に視線を移した。
今の時間は朝方の5時。
もう、朝か…
昨日の電話は確か22時くらいにあった。
そして電話をした時間は20分くらい…
それからずっと、ボーッとしてるんだ、私は。


衝撃過ぎたんだよね、きっと。
あの結城が…
あの三浦主任が…


私の事を…好き……


しかも、言い合いになったって。
どんな言い合いしたのかは教えてくれなかったけど。
一人の女を二人の男が取り合う…
本当にまるで、夢を見ていたんじゃないかと思うくらい…

時間が経てば経つほど、まるで他人事のように思えてくるから不思議だ。

この作品のキーワード
オフィスラブ  三角関係  干物女  肉食系男子  草食系男子  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。