心臓が押し潰されるぐらいの不安にかられながらエレベーターのボタンを連打して乗り込み、拾い上げた傷だらけのスマホのディスプレイを震える手と唇を噛み締めながら見た。


...間違いない。
智也だ。


何か用事があるから電話をかけてきた。とかいう関係の人じゃない。

五年前、私にストーカーという行為を繰り返していた男。
私に恋愛を放棄させるキッカケになった男。

完全に縁は途切れたと思っていたのに...

今頃になってどうして?

どこで私の電話番号を手に入れたんだろう?
それにエントランスに入った途端電話がかかってくるなんて。



...見られてた?


また背筋にゾクリ...と悪寒が走った。

この作品のキーワード
オフィスラブ  三角関係  干物女  肉食系男子  草食系男子  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。