「だったら、お食事に行きませんか?」


「…………はい?」


何故、この流れでお食事に行くことになるんだろうか?


今の時間、百貨店が開店前の店員だけがいる百貨店の案内所のカウンターにて、三浦主任と二人でお話中。


昨日のお釣りを返すのに、いつ三浦主任に会いに行こうか?と悩んでいたら、三浦主任の方からわざわざ会いに来て下さった。


昨日のお礼に、と新発売のリップのプレゼントまで持って。


で、それは有難く頂戴しながら、
「昨日のお釣りです。」
と、緑の封筒を渡したら、断固拒否された。
私がどれだけ受け取って欲しくても、いらないと言われてただの押し問答になっていたところに、言われた言葉。


「だったら、お食事に行きませんか?」


って。

この作品のキーワード
オフィスラブ  三角関係  干物女  肉食系男子  草食系男子  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。