*鳳碧さん*


最後まで読んでくださり、ありがとうございます!✨
そうですね、最後は「まさかの」だらけです笑
学級委員ちゃんも実は!みたいな感じでしたね笑
設定が飛び飛びで、自分でも少し笑ってしまいます笑
ピアノは、本当に人の心を動かす素敵な楽器です。実は私も、ピアノは少ししか弾けず……。
それでも、鳳碧さんと同じく聴くのが大好きです(^^)
なので本当に、素敵な感想やレビューを沢山頂けて、とても嬉しいです!✨
鳳碧さんの言葉、とても励みになりました!
またいつでも、鳳碧さんと語れることを願ってます(´˘`)♡
最後までお付き合いしてくださり、ありがとうございました!

柳 千鶴 15/03/17 11:07

最後まで読み終わりました!

とても感動しました!

最後のストーリーはまさかのロボットだったと…笑

そして、深波と名前を与えたのがまさかの葵だったっていう……笑


読んでいて、「あれ?まさかの?笑」みたいな感じでした。笑笑


学級委員ちゃんもピアノ弾けたんだーw
それにも驚かされました。笑


海とピアノを題にしたこの小説はとっても素晴らしい作品でした!

海とピアノは、雰囲気もそれぞれの音、組み合わせがとても相性が良いと思いました。


以前にも言いましたが、私はピアノを弾くことは出来ません。

ですが、聴くことはとっても大好きです。

音だけでその人の感情を表せることが出来る、素晴らしい楽器ですよね。

千鶴さんのおかげで、改めてピアノの素晴らしさを感じることが出来ました。


素晴らしい作品をありがとうございます。

他の作品も読むので、感想ノートに現れたらその時はまたよろしくお願いし
ます(ノ´∀`*)

鳳碧 15/03/17 07:02

*鳳碧さん*


お返事がすぐに返せず申し訳ないです(>_<)
もうそこまで…!
そうですね、蒼透くんは割と純粋派男子です笑
梓ちゃんも純粋なので、ピュアなバカップルみたいなお二人です笑
鳳碧さんも、充分可愛くて素敵な方だと思いますよ!Σ(゚∀゚)
情景描写には、今回は特に手を加えました。なので高評価を頂けて嬉しいです✨
し、書籍化ですか!それも嬉しい感想です…!(;_;)
目から汁が出てきました←
ピアノの良さも感じて頂けて嬉しいです!
次のお話がどんな評価を頂けるか、内心ハラハラしつつも感想お待ちしております笑
ぜひまた来てくださいね(*^^*)

柳 千鶴 15/03/16 18:34

こんにちわー(ノ´∀`*)

今、97㌻まで読みました!
蒼透くんは美男子なんですね!♪

梓ちゃんもとっても可愛らしいんだろうなぁ……。

私も梓ちゃんみたいに可愛く……、

(↑いや、ムリムリww)


……という冗談はさておき。笑笑



千鶴さんが表現されている情景描写がとても素敵でした!

海の潮の匂いやピアノの音の美しさ…、

弾いている時のピアノの音の迫力であったり、と……。

言い回しがとても想像しやすく気に入りました。

書籍化されて欲しいです。

まだ97㌻しか読んでいませんが、とても引き込まれてるくらい素敵です!

私は、ピアノを弾くことは出来ませんが、それでもピアノの素晴らしさを感じることが出来ました。

良いお話です(*ノ▽ノ)

まだ途中ですがお世辞抜きでとても良い作品だと感じました♪

最後までしっかり読ませて頂きます!

また来ますね♪

鳳碧 15/03/16 15:58

*鳳碧さん*


お久しぶりです(^^)!
気になっただなんて、とても嬉しいです笑
完読ですか!わわわ、恐れ多いながらも嬉しいです!!笑
ファンポチと本棚インまで……鳳碧さん、ありがとうございます!✨
ぜひぜひ感想書きにきてください(*^^*)!
本当にありがとうございます✨

柳 千鶴 15/03/16 14:17

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?