感情なんて、無駄なもの

心を捨てたら、傷つくことはない

そんな簡単な答えは、わかって居た


だけど、心は簡単じゃない


「あたしの世界に、色はない」

「おもしれぇ」


そう言って、笑った男


18歳と言う、大人か?子供か?

曖昧な年で、不器用な2人

そんな2人が、出会った


そして…

「お前の世界、俺色に染めてやる」


その男の言葉通り

あたしの世界は、彼色に染まり始める


感想・レビューお待ちしております!!


※暴力的なシーンも含みますので
苦手な方はご遠慮ください


未成年の飲酒、煙草、無免許運転などは
法律で禁止されています
決して、助長するものではありません


話の内容は作者の妄想で書いているものなので
すべて、フィクションです


どうぞ、ご理解下さい!!




この作品のキーワード
暴走族  姉弟        過去  恋愛  切ない  すれ違い