「俺も君みたいな妹欲しかったなぁ」


「いいですよ?
シンタさんの妹になってあげます」



初めて会ったときの何気ない会話。


言った瞬間に後悔したけど遅かった。



自分で上げてしまった初恋のハードル。


越えるためには、どうすればいい?




日吉千波(ヒヨシチナミ)18才。


想い続ける憧れの男性(ヒト)は、兄の親友でした




********

初恋をただの通過点にしたくないともがく女の子のお話です。


あなたの初恋は叶いましたか?



叶わなくてもキラキラした思い出のままで今でもあなたの心の中にありますか?

********





2015・1・30 本編完結。


2015・2・3 番外編公開。



たくさんの方に読んでいただきありがとうございますヽ(・∀・)ノ









この作品のキーワード
初恋  年の差  胸キュン  癒し系  大学生  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。