どうして私達はあの日出会ってしまったのだろう⁈

あの日に出会ってさえいなければ今の関係はなかったのだろうか⁈

きっと、出会っていなくても結ばれる運命だったと思いたい。


神崎 このは 20才

禁断の愛・・・愛してはいけない人を愛
すること

でも、愛した人が血の繋がりのない義理の兄妹だったら…これを禁断の愛というのだろうか⁈

愛してはいけない人と思っても、愛さずにはいられない。
だから、心に蓋をしてみるけれど、沸き立つお湯のように溢れてしまう。

触れた肌、指先、吐息が媚薬のように求め、1度、味わってしまった温もりを忘れるなんてできない。

あなた以外の人なんて愛せない。
禁断でもいい…あなたの側にいられるなら義妹を演じてみせる。いつか別れが来る日まで……

神崎 翔太 25才・・義兄


誰にも言えない秘密の関係
・・・愛していけない人と愛しあうこと

心を閉ざした彼女を他の男に渡しはしない。
彼女を愛している…
なぜ、拒むのだろう⁈
どうして、義兄と呼ぶ⁈

2人に未来の為に、全てをかける。

この作品のキーワード
義兄妹  恋人  執着  腹黒