「私出勤するけど涼は?」


言いかけた美咲を背中から抱きしめる涼は美咲の耳元で囁いた。


「もう少しココに居たい。居心地いいし。鍵貸してくれる? 裕翔を拾いながら鍵返に行くよ」


涼は携帯で裕翔宛にメールを送りベッドから起き上がると美咲を抱き起す。


「一緒にシャワー浴びる?」

「バカッ! 朝から変な冗談言わないでよ」


美咲は涼の背中を両手で押しバスルームへ誘導した。


「一緒に入った方が効率いいのに。何今更照れてんだよ」

「いいからっ。はいバスタオル。替えの下着とシャツ」

「ありがと」

「どう、致しまして」


改めてお礼言われると照れるなぁ。と思いながら扉を閉め美咲は朝食を用意した。
美咲はトーストとスープ、サラダを作る。どう見ても手抜きな朝食だ。

あり合わせにも程がある。と思いながらも美咲は少しぎこちない手つきで調理していた。
そんな美咲にバスルームから出た涼の声がしてきた。

この作品のキーワード
アラサー  プロポーズ  結婚  シンデレラ  身分差  芸能人  アイドル  ときめき  婚約者  切ない