ーー

彼との生活が二ヶ月は経とうとしていた。


まだ婚姻届に名前を書くほどの踏ん切りはつかないけど、始まった同棲生活は今までの生活と大きく違った。

「ま、毎日が長い。一分が長い。な、何にもしなくてもいいの?な、なにか、やること、し、仕事を。目標をノルマを、わたしに、私に、何か仕事おおおぉ!」

「雨音、もう部屋にホコリ一つ落ちていないからって、浴室にこもらないで」


※完治したはずだった。

この作品のキーワード
ヤンデレ  監禁  社畜 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。