ーー

彼と過ごす時間は、あっという間に過ぎる。

幸せな時ほどそう感じるらしいけど。クリスマスのあの日、告白されたのが昨日のことのように思い返せるのに、目を開ければ桜咲く季節になっている。

ベランダから見下ろせば、真新しいスーツを着る新社会人たちの姿。

緊張と期待の面持ちは、在りし日の自分を思い出した。

「いいか、夢見すぎちゃダメだからねっ!社会は理不尽だらけ!でも、働かなきゃ稼げないんだああぁ!」

「雨音ー、そんな激励はいいから。いってきますのキスして」


※さながら、在りし日の自分に叫ぶかのようでした。

この作品のキーワード
ヤンデレ  監禁  社畜 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。