「俺達が行ったとき、ネックレスなんてありませんでした」

たしかに、当麻が行ったとき、ネックレスなどなかったはずだ。

「ああ。俺も思ったが、見落としてたんだろうよ。ほら。あの場にいた時間。短かったし」

皆藤が笑顔をみせた。

本当にそうだろうか。指輪などならともかく、ネックレスを見落とすだろうか。

当麻は何かスッキリしない気持ちで窓の外をみた。

夕日が静かに水平線上に消えていった。

この作品のキーワード
推理  探偵  ミステリー  連続殺人  謎解き  浮気  焼死体  兄妹  予知夢  探偵事務所 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。