こんなはずじゃなかった。

優衣はなぜか和樹の部屋のソファに座っていた。

和樹の部屋は約20畳ほどの広い部屋だった。赤い絨毯に大きなシングルベッド。
シャンデリアがキラキラと光っている。

やはり、坊っちゃんだったんだな。と改めて思い知らされる。

和樹は優衣の隣に座ると、薄気味悪い笑顔を浮かべた。

「嬉しいな。俺に会いに来てくれるなんて」

「いや、違います」

「照れるなよ。」

どこが照れているんだ。

この作品のキーワード
推理  探偵  ミステリー  連続殺人  謎解き  浮気  焼死体  兄妹  予知夢  探偵事務所 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。