「恋に理屈なんて通用しないよ」


「理屈が通用しない時点で理屈ですね」



「……君、やっぱり世界一ウザイね」


「そーですか、どうもありがとうございます」






Rockbandのボーカル

×

ただの文学好きJK






最低最悪なはじまりに
悔しいけれど世界が色づいた



あなたのことなんて
君のことなんて

何も知らなかった



「理由なんてないけど、今すげえ会いたい」


常識も普通もぶっ壊して
それでも好きの気持ちが残るなら


……やっぱり理屈じゃないのかも?!




♢Clear Weedsシリーズ第一弾♢



____Are you ready?




この作品のキーワード
ロック  文学  年の差  不器用  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。