いつもより、早く目が醒めたと思う。


 瞼を開けると、息も立てずに寝ている摩央の顔が映る。


 摩央の寝顔はそれまで眠っていた本能がくすぐられるような、とても無垢で愛らしいものだった。


 二人きりの密室で、異性と一晩寝た。


 何事もなかったとはいえ、私の人生ではかなり大胆な経験である。


 私は摩央の眠った顔を見つめる。


 顔の大きさはきっと、悔しいけど私より小さい。


 肌はどちらかと言うと白くて、吹き出物一つなく、肌理が整っている。


 睫毛が、女の子みたいに長い。


 鼻は彫刻で作ったのかというくらい、高くて綺麗だ。


 発色のいい唇は、上下共に薄い。


 私の心臓は、寝起きながらばくばくと元気に脈を打っていた。


 私は摩央の顔の観察を終えると、もう一度目を閉じた。

この作品のキーワード
推理  初恋  ミステリー  ルームシェア  アルバイト  年齢差  大学生  大人の恋  フリーター  共同生活 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。