ある日、一人この世を去ることになった。。

そこからはじまった出来事は不可解な連続でしかなかった。