【なちside】


「たいちー。行ってくるねー。」


私はいつものようにバイトへと向かうため玄関で靴を履き、同棲している彼氏、たいちに声をかけた。

「いってらっしゃい。」

そう言うとたいちは、すぐ自室のある二階へと駆けていった。

「もー。彼氏ならもうちょっと彼氏っぽいこと言ってよー(笑)」

そんな不満を漏らしつつ私はバイトへ向かった。