高見主任の言葉で、急に折戸さんと小林さんは携帯とパソコンを操作し始める。その様子を高見主任は満足そうに見つめていて、こんな時間からでも二人に任せておけば大丈夫だということだろう。


「さてと、歓迎会は折戸と小林に任せておいて、坂上さんは一課の仕事のことを話しておこうかな」


「はい」


 さっきのような辛辣な言葉を言われるかと思っていたら、私への言葉を優しい。



「来週から課のものと営業に同行してもらう。そこで、お願いしたいのは営業員の足りない知識を補填すること。それと営業に資料の作成や提案書の作成などの営業事務もお願いするが、基本的には営業に同行して貰うことが主な仕事と思って貰っていい」


「同行ですか?」


 研究所から殆ど出たことのない私が営業課というのも驚いたけど、これから営業に行く時に同行するなんて…。でも、ここで頑張ると決めたのだから頑張るしかない。けど不安だった。


「人前に出るのはあまり得意ではないのですが。大丈夫でしょうか?」



「大丈夫です。仕事の仕方は私が教えます。二週間は私に同行して貰います。それから他の社員との同行に臨んでください」


 高見主任は簡単そうに言うけれどもそんなに営業の現場が簡単に覚えられるとは思えない。


 でも、自分から転属を願ったのだから、私はここで頑張らないといけない。


「よろしくお願い致します。」