最近、四堂君の様子がおかしい。


というか行動が怪しいというか。


朝は元々早かったのに更に異常に早く
来るようになったし、授業が終わると
既に姿が見当たらなくて。

クラスの誰かが四堂君が裏門から
コソコソ帰ってるのを見かけたとの
報告も受けている。

それまでの言動が妙だったのは
それなりの理由があっての事だったし、
彼のこれまでの経緯を知った上で
理解できたからもう変だとも
思ってないけど。



じゃ―――この一連の行動は何だろう?



本人に直接聞いた所で全然フツーだからと
引きつった顔で否定されても明らかに
説得力に欠けている。

結構キッパリものを言うタイプだと
思っていただけに意外だ。


らしくない行動にらしくない言葉。
それだけ何だか触れて欲しくなさ気な
オーラを醸し出されては流石に
それ以上聞きにくい。

とは言え、気に掛かって仕方ない。



「四堂君、今日は掃除当番だから
早く帰っちゃ駄目だよ?」

念のため釘を刺すと、
そうだったねって肩を落とした。


「………………」


掃除当番を忘れる程、焦って
帰らなければならない訳があるなら
代わるけどと言うとそうじゃないと答える。


……やっぱ変だ。


この間までは掃除当番が珍しいと
他人に聞こえない程度の鼻歌まじりで
ほうきを持って掃いていた人物とは思えない。

この作品のキーワード
切ない  義兄弟  シリアス  年の差  高校生    じれじれ  年齢差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。