★★★★★
狂気の始まり
極普通の主婦 麗華は、いつものように
節約しながら買い物をしようとして、
息子の祐樹をカートの上に乗せた。

そして、特売品売り場へ向かおうとする。
そこで起きた一つの事件。

家族は、破滅へと進んでいく。

***
最初は読み流す程度でしたが、読んでいるうちに物凄い力で引っ張り込まれ、何度 鳥肌が立ったかわかりません。特に心理描写が私の知るどの方よりも秀逸で、彼女が狂う描写を読む度震えていました。とても怖かったです。この作品は掘り出し物だと思いました。
ただ、題名に少し引っ掛かりを覚えました。クレームがとっかかりとなって彼女は狂っていきますが、題名にするほどクレームが作中に出てきたような気がしません。私には、彼女が家族かお金かのどちらかを選んだような印象が強いです。題名を変えればさらにいい作品になるのではと思います。

震えるほど怖く、かつ上質な作品を読ませて頂きありがとうございました。
紫鶴
15/02/23 17:34

>>新着レビュー一覧へ