ほとんど最近「帰って寝るだけ」になっていた自分の部屋は、帰宅すればやっぱり汚いままだった。
アキにすれば「汚いんじゃなくて散らかってるだけ!」という、似たり寄ったりな言い訳の状態なのだが。


昨日出し忘れた燃えるゴミ袋を足で蹴散らし、アキは玄関ドアを開けるなり一直線に居間へ向かった。


テレビボード下の、小物入れ。

そこに印鑑や保険証を入れているのだが、目的はそれじゃない。


預金通帳だ。




───ただ、私の絵は高いよ?

───私は、桜井アキ、君に聞いているんだ。



伊達のマンションから一歩足を踏み出した時から、このセリフは何度となくフラッシュバックしていた。

本来であれば、独身で40近い男性のマンションで一夜を過ごしたとなれば
それらしい浮ついた気持ちや心配に胸を膨らませるはずなのに

そんなことより心配なのは、明日の我が身にほかならなかった。



開いた通帳をいくら見ても、下6桁の残高は変わらない。


…現在の貯金、90万円。


伊達の贋作が、約300万円。贋作ですら。贋作、で、すら。

しかも今回は彼がわざわざ描き下ろしてくれる作品で、その値段も伊達自身の意向によるものだ。



「………」



恐ろしい、恐ろしすぎる。



もしこれが編集部付で領収書が切れるのなら、どんな高額になろうとも
『だってぇ、編集長が描かせろって言ったんじゃないですかぁ』とキャバクラ嬢よろしくイヤミも言えるのに。


もう一度通帳を見直す。…やっぱり増えたりなんかしていない。



たった一つの記事を書く代償は、とんでもなく大きそうだ。

この作品のキーワード
年上  年の差  紳士  地味子  大人の恋  アラフォー  甘ロマ  じれじれ  砂糖漬け紳士  年齢差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。