天界での戦いから早22年が経とうとしていた──




今回の話の主人公は

千とすずか

二人の子供



りん





りんはすずかたちの過去を知らず

平和な日々を過ごしていた──




そんなある日

滅びたはずの魔物がこの町を襲って・・・・・・



次々とりんをたくさんの出来事が襲う




「そんな、まさか・・・・・・戦いは終わっていなかったの・・・・・・?」


「ねぇ、お母さん。 何が起きてるの?」




りんに降りかかるたくさんの悲劇



そんな彼女の前に現れたのは・・・・・・



「俺がお前を守ってやる・・・・・・!」



幼い頃から知る


チャラい幼なじみだった!?



「私は何者なの?」


「こんなの、悲しすぎるよ・・・・・・っ!」


「俺は、もう・・・・・・」




それぞれの想いや過去に複雑に絡まりあう


さらなる真実




りんはこの運命に打ち勝つことができるのか──・・・・・・




先に『鈴姫伝説』

『鈴姫伝説 SideStory』

を読んでから


『鈴姫戦記 ~ふたつの悲しい恋物語~』


を読んだ方がいいと思います。




*タイトル変更しました*






この作品のキーワード
鈴姫伝説  ファンタジー  魔物  続編  幼なじみ  伝説の鈴  番人  過去  バトル  ギャップ男子