…何度も首筋に残された痕は、見ないようにしていた。

見てしまえば、切なさで、胸が締め付けられそうだったから。

でも、ある晩。
鏡に映った首筋を見てしまった。

…まるで、薔薇が咲いたような痕だった。

それを見て、綺麗だと思う、この痕が消えなければいいと思うのは、おかしいのだろうか。

最近の自分は、麻痺してしまったようで、御堂社長をどこかで求めてしまっている。

そんなある日、出会いたくない人に出会ってしまった。

突然、社長室に、アポも取らず、婚約者が来てしまったのだ。

流石の御堂社長も、断る理由が見つからず、社長室に入れた。

「…突然、どうしたんですか、麗美さん?」

「どうしたんですか、じゃないわよ!」

婚約者の麗美は、綺麗な容姿とは真逆な態度で、御堂社長に歩み寄った。

「落ち着いて下さい」

「これが、落ち着いていられると思う?

結婚白紙ってどういうこと⁈」

…結婚、白紙⁈

あんなに大きな会社の令嬢との結婚を⁈

私は、ただただ驚いた。

「…麗美、落ち着け」

麗美の後ろにいた男性が声をかけた。

この作品のキーワード
俺様  社長  秘密  契約  オフィスラブ  秘書 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。