「ねえ、」


きみは、絶対に
わたしの名前を呼んではくれない。



「なあに、コウくん」


だからわたしがそれに応えるとき、

ほんの少しの嫌味と対抗心を込めて、
必ずきみの名前を呼んでいること。


きみは、気づいているのだろうか。





(たとえ気づいていなかったとしても)

この作品のキーワード
名前  マイペース  美少年  ほのぼの  嫉妬  胸キュン  笑える  悩み  短編  僕系