『有希(ゆき)、結婚しよう』



蕩け合う意識の中、耳元で昭仁(あきひと)が囁いた。



薄暗い視界にぼんやりと浮かんだ彼の輪郭が、ゆっくりと私へ舞い降りてくる。



力強さと優しさとお酒の香りに包まれた体の芯が熱を持つ。小さなベッドの軋む音と心地よい揺らぎが、私たちをさらに深いところへと堕ちていく。



あの時の胸の高鳴りが今でも鮮明に蘇る。



『結婚』なんて言葉に縛られたくない。



そんな言葉に、私は決して踊らされたりするものかと思っていた。絶対に私の心は揺らいだりしないと。



それなのに、私は完全に踊らされていた。



大して魅力があるとは思わなかった言葉に、こんなにも重みがあるなんて。



踊らされたくなかったから、縛られたくなかったから、私は今まで弱みを見せないようにしてきた。
常にクールであることを心掛けてきた。



必要以上に彼に依存しない。自分から会いたいとか、声が聴きたいとは絶対に言わない。何かして欲しいなんて、口が裂けても言わなかった。



今日、それらの努力が全部水の泡になった。






この作品のキーワード
結婚  失恋  ドン底  元カレ  契約  理想の恋愛  ニセ彼  代行  じれじれ  強がり 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。